Photo Diary

HOME | Photo Diary | 2018年4月

2018.04.26

こいのぼりが完成しました!

 年長さんがクラスみんなで力を合わせて作り上げたこいのぼりが、ついに完成。気持ちよさそうに大空を泳ぎ始めましたよ。

 年少さんや年中さんが「あ!こいのぼりだ!」と喜びの声を上げています。新緑の園庭と青空、そして年長さんが作った素敵なこいのぼり。5月11日まで雨の日以外、力いっぱい大空を泳いでいますので、幼稚園にお越しの際はぜひご覧ください。

2018.04.25

役員・委員・各行事委員長・職員の顔合わせ

 今年もすばらしいママさんが勢ぞろいしたものです。中にはくじ引きで引き当ててしまったという方もいらっしゃいましたが、顔合わせの際には「なったからには子どもたちのため、のぞみのために頑張るよ!」と。

初めてのはとぽっぽ体操。

 のぞみ幼稚園は毎年、役員・委員決めの際、妊婦さんや乳児がいるママは外して決めようよ、という雰囲気が(なんとなく)あります。そして、「上の子の時に、先輩ママが色々引き受けてくれたから、今度はわたしがやる番です。」と話してくださる方が多くいます。

並ぶのも最初はがちゃがちゃの年少さん。

 のぞみに、こうしたお互い様の文化を作ってくれた歴代のママさんたちと、その思いやりの心をちゃんとつないでくれている今のママさんたちを、誇りに思います。


にきたつに ふなのりせむと つきまてば しほもかなひぬ いまはこぎいでな


 さあ、漕ぎ出そう。

2018.04.23

夏野菜(トマト、ナス、キュウリ)の苗植え

深めに土を掘ってくださいね。

 篤農家の上野さんにご指導いただいて夏野菜(トマト、ナス、キュウリ)の苗植えを行いました!

大きく育ってね。

 「食」や「農」に対する関心が希薄になっている現在だからこそ、この畑作業を五感(見る、聞く、嗅ぐ、触る、味わう)を通して体感し、やり遂げた達成感、友だちと一緒に作業する喜びを味わい、“楽しくて美味しい思い出”となるよう食育しています。

2018.04.23

さつまいもの苗植え

 毎年秋に、幼稚園敷地内にあるちびっこ農園でおいもほりを行っています。今日は年長さんがさつまいもの苗植えです

 土に水平に近い角度で棒をさして、そこへ苗を植えつけます。大きなおいも、できるといいね。

2018.04.20

遊具説明

 のぞみ幼稚園の園庭には、総合遊具のお城、肋木やブランコ、砂場等魅力的な遊具がたくさんあります。安全にかつ友だちと仲良く遊べるよう、遊具の使い方やお約束について年度初めにお話をしています。

さぁ、お砂場で人生に必要な知恵を学ぼうではないか。

 

 

これから、いっぱいお外であそぼうね。

 
 お約束(ルール)って、自由になるためにあるのです。

2018.04.19

初めてのお弁当(年少組)

 年少さんの、初めてのお弁当。みんなお弁当の準備が速やかに出来ました。お家で練習してきた子もいるようですね。

ピッカピカ!

 

 みんな!お弁当のお片づけも最後まで頑張ろうね、これから。

2018.04.17

初めての粘土あそび(年少組)

粘土、入刀!

 「先生、見て見て!」 子どもたちは粘土で作ったものを、それはそれは嬉しそうに見せてきます。わたしたちは、「今、〇〇ちゃんの頭の中にはこんなものがいるんだな。」と面白く眺めています。

2018.04.16

園舎見学(年少組)

 これから広い園内で迷子にならないように、幼稚園のあちこちを見てまわりましょう。わくわくの電車ツアーです。

出発、進行!

 普段、年少さんが行ってはいけない2階へも、今日だけは特別。

年長さんのお部屋を、そうっと覗いて。

 集中して製作活動中のお兄さんお姉さんのお邪魔にならないように、忍者みたいに静かに歩きましたよ。

2018.04.12

一斉保育開始

園バスが到着し、お部屋まで年少さんの手を引く年長さん。

 

出発進行!

 いつも一緒にいたお母様と離れてちょっぴり寂しいけれど、子どもたちは幼稚園で毎日たくさんのことを見たり、聞いたり、やってみたり…と、その世界を広げていきます。

さっきまで涙していた子も、少しずつ気持ちを切り替えて。

 進級してなんとも頼もしい年中・年長さん。小さなお友だちの手をとり、優しく幼稚園のルールを教えてあげたり、面倒を見てあげる姿が窺える年度始めです。

「朝のお仕度が終わったら、トイレに行くんだよ。」 一日の流れを教えてくれる年中さん。

 年少さんは、お兄さんお姉さんが大きな声で挨拶する様子を見て、真似て、心を交わす喜びや心地よさを知っていくのですね。これぞ、学びです。
 

対面式

 年少さんが初めて並んでお部屋からホールへ移動し、お兄さんお姉さんたちとご対面し、「はじめまして。これから仲良く一緒にあそびましょうね。」と挨拶を交わしました。

友だち100人できるかな。

2018.04.11

一日保育促進日(年少組)

「園長先生、おはようございます!」

年少さんだけの登園日

 新しく幼稚園にお迎えした可愛らしい年少さんだけの登園日。

「がんばって幼稚園に来たんだね。」

 門までお送りくださったお母様と離れ元気に「行ってきます!」と駆け出す子、「ママあぁぁぁ~…!!!」と体中で寂しさを表現している子、そしてお母様の目にも涙が…。

 

「待ってたよ!」

 今までいつも一緒にいたのですから、寂しくなったり不安になって当たり前ですよね。

 

「さみしいんだね。」

 でも、ここが踏ん張りどころ。子どもが不安にならないよう、お母様は寂しさをこらえてどうか笑顔で送り出してください。

 「幼稚園ってとっても楽しい!」って、一日も早く思ってもらえるように、職員一丸となってしっかりと子どもたちを受けとめ、あたたかく接してまいります。

大きな声でお返事「はい!」

 

 子どもたちが全員登園すると、朝の会をしてお歌をうたったり、お名前呼びをしたり、みんなでおトイレに行ったりしました。 

一歩ずつ、一歩ずつ。

 さよならパッチンをして笑顔でさようなら。今日は一日長く感じたかしら、それともあっという間だったかしら。また明日も元気に登園してくださいね。

「さようなら、また明日!」

 幼稚園から帰ってきたら、どうぞしっかりと抱きしめてください。大好きなお母様と離れて一所懸命がんばってきたのですから。

 

2018.04.10

入園式

はじめまして。これから、よろしくね!

みんなのこと、待っていましたよ!

 お母さん、お父さんと手をつないで門をくぐる小さなお友だちを、笑顔いっぱいの先生たちがお出迎え。

神妙…。

 担任の先生からおなまえバッチを胸につけてもらうと、ピカピカの園服に魂が吹き込まれたように感じるのは気のせいかしら。

ジャジャーン。あなたにはなんとバスバッチもあります。

 幼稚園でお歌をうたったり遊んだり、先生やお友だちと一緒に色んなことに挑戦して、心も体も大きくなりましょうね。これからどうぞよろしくお願いします。

幼稚園って、どんなところ?楽しい所ですよ!

 入園式では、『のぞみ幼稚園の一日』を先生たちで演じました。登園、朝の歌、ごあいさつ、手遊び、お帰りの歌…等々「幼稚園ってこんなに楽しいところ!」ということが少しでも伝わりましたでしょうか。

♪行って~き~ますもさよならも~

 たくさんのお友だちが一緒に歌をうたっている様子が、舞台の上からよく見えましたよ!明日からは、この可愛らしい子どもたちと一緒に「一年間の冒険の旅に出るんだ!」と気持ちが高ぶります。

「あ…、わたしこの曲知ってる…。」と言っている背中。

 たくさんの笑顔と勇気を引き出せるよう、先生たちみんなでがんばります。子どもたちがのぞみ幼稚園で大きな成長が図れますよう、保護者の方にはご協力お願いします。

ご入園おめでとうございます。

2018.04.09

第一学期始業日

いよいよ新年度スタート!

 久しぶりに登園してきた子どもたち。「何組になったかな?」「ぼくの先生は?」「新しいクラスで一緒になったお友だちはだあれ?」なんだかドキドキわくわく。

 それは、先生たちも同じです。でも、みんなやママたちの顔を見たら、勇気がモリモリわいてきて、不安なんて遠くへ吹き飛ばしてしまいましたよ。

 新しいクラス、新しいお友だち、新しい先生との出会い。ひとつ大きな学年のクラスバッチを見つめる子どもたちの目を見ると、ちょっぴりの不安より、やっぱり大きな期待や希望が窺えるのでした。

 

始業式

 新年長組さん、新年中組さんがホールに参列。背筋がいつにも増してピッと伸びていて立派です。園長先生のお話を静かに聞きながらも、心は「よーし、やってやるぞ!」と静かに燃えている様子。ひとつ学年が上がるだけで、意欲が高まるのですね。

 平成30年度のはじまり、はじまり~。

2018.04.02

新年度に臨んで

オンリーワンになりたい

 のぞみ幼稚園の新年度は、教職員全員が揃って保育目標等の申し合わせをすることから始まります。

 1人は1人の力でも、2人が力を合わせれば3倍4倍の力が出るものです。のぞみ幼稚園は、いいチームワークで本年度も花を咲かせます。

One for all,All for one

 『一人はみんなのために、みんなはひとつの目標のために』
 全員が、それぞれの役割をしっかりと果たしていこう。